あさひかわで見つけた草花や樹木を紹介します。
ナナカマド、イタヤ、カツラ、ミズナラ・・・・見た目も生き方も北国の樹木は個性的!
自然って、意外とおもしろいかも?

森と人をつなぐ・いかす「もりねっと北海道」がお届けします!

2014年7月10日木曜日

虫こぶ

6月23日 神楽岡公園(河川敷エリア)で幼稚園の森遊び。
テーマは「虫さんのおうちを探そう!」

幼児に”虫”といったら? と質問すると、真っ先に名前が出てくるのが ”アリ!”
虫捕りするよーと言っても、アリばかり追いかけている子も多い。
茶バッタが目の前にいても気づかない!

今日の観察ポイントは、「虫さんのおうち」
赤・黄色・白、3色のおうちがあるよと、子供たちと観察。
ゴマみたい、ゴマより小さいよ・・・アブラムシのタマゴを見て、驚いていた。

赤は、アブラムシ。


白は、アワフキムシ。さっき出たばかりで、サナギつき。


  生まれる、生き残るって、大変なことなんだなぁ・・・・・