あさひかわで見つけた草花や樹木を紹介します。
ナナカマド、イタヤ、カツラ、ミズナラ・・・・見た目も生き方も北国の樹木は個性的!
自然って、意外とおもしろいかも?

森と人をつなぐ・いかす「もりねっと北海道」がお届けします!

2016年8月26日金曜日

虫コブ  2016.8.26











ミズナラの葉っぱの上に、木の実が落ちてる・・・
と、思ったけど、周りの葉っぱにもいっぱいついてる。
もしかして、これは・・・











木の実じゃなくって、虫こぶ!
調べてみたら、
クヌギハマルタマフシ のおうち。
カタカナって、どこで切ればいいのかわからない。

クヌギ・ハマルタマフシ ?
クヌギハ・マルタマフシ ?

正しいのは後者らしい。

綺麗な赤い玉は、茶色くなってポロっと落ちる。
茶色くて丸い、小さめの大豆みたいなのがいっぱい落ちてた。
マルタマフシのサナギだそうです。

木の実だと思って、無防備に触ってしまいそうなほどきれいな虫こぶ。
あぁーー危なかった。

皆さんもお気を付けください。

0 件のコメント:

コメントを投稿